ヤミ金取立。借金の解決は債務整理※解決策はプロに相談!

ヤミ金取立。借金の解決は債務整理※解決策はプロに相談!

自己破産した後の携帯電話に関して、考慮する点は「利用料金」「本体購入の分割払い」の2つです。
まず、自己破産を行えば滞納していた料金の返済は免除され、支払う必要はなくなります。しかし、そのまま支払い続けることは難しく、強制解約させられることになると考えた方が良いです。また、これらの情報は携帯電話会社間で共有されているため、そのままにしていると、その会社での再契約だけでなく、他社との新規契約も困難になります。このような場合の対応として、自己破産の手続き後に滞納料金を支払うという方法があります。債務の免責が認められた場合、債権者が取り立てることはできませんが、破産者が後から返済することは禁じられておらず、滞納料金を支払うことで不払い情報の削除ができます。
なお、自己破産は全債務が対象となるため、意図的に携帯電話会社の債務を隠して手続きを行い、それが見つかった場合、免責不許可事由に該当し、全ての債務が免責されなくなる危険性があるので、このようなことは避けるべきです。
本体の分割払いについては購入店舗などによって扱いが異なります。分割購入するということはローンを組むことになるため、個人信用情報機関のブラックリストに登録されていると利用が難しくなります。そのため、この情報が消える7年から10年間は断られる可能性もあります。ただし、実際にはブラックリストに登録されていても利用できることもあります。滞納料金を完済していることが前提となりますが、現在の状況だけで判断する店舗もあります。そのため、キャリアショップで申し込んで断られても、家電量販店では利用できる、ということがあります。

借金を早く解決するために

一人だけで悩むのは、もう十分です!

どれくらい減額できる??
匿名・無料で診断してみる!

⇒無料シミュレーターはこちらから

借金系の弁護士事務所選ぶコツ

熱心な弁護士がいる
初期費用がかからない
相談が無料で出来る

依頼するなら、安心の弁護士事務所へ
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ