債務整理の連帯保証人と保証人の違い※無料相談受付中

債務整理の連帯保証人と保証人の違い※無料相談受付中

自己破産は免責が認められれば、賠償債務や税金などの一部を除いた債務を返済する必要がなくなる、最も効果の高い債務整理ですが、連帯保証人がいる場合、与える影響も大きいので注意が必要です。
自己破産による免責が認められた場合でも、それが適用されるのは破産者本人だけになります。連帯保証人はこの免責には一切関係がなく、また、破産手続きによって禁じられた取立ての禁止も影響しません。そのため、債権者は連帯保証人に対して債務の返済を求めることになります。
このときに問題となることとして、自己破産した際に保証人が債務の返済を行う場合、原則として一括で返済することが求められます。債権者の合意を得ることができれば分納できる場合もありますが、保証人も返済するだけの資金の余裕がないことが多いです。その結果、破産者と共に自己破産に陥るケースが多くあります。
また、自己破産では債務を選ぶことはできず、全ての債務を対象にしなければなりません。そのため、保証人がいる債務だけを除いて手続きを行い、保証人への影響をなくそうとすることはできません。意図的にこれを行った場合、免責不許可事由に相当するため免責が認められず、債務が残ってしまう危険性があります。
そのため、自己破産を行う場合、保証人に事情を説明して相談し、他の解決策がない場合に手続きを行うようにします。
もし無断で名義を使用されていた場合には連帯保証人に返済の義務はありませんが、内容証明を提出する必要があります。

借金を早く解決するために

一人だけで悩むのは、もう十分です!

どれくらい減額できる??
匿名・無料で診断してみる!

⇒無料シミュレーターはこちらから

借金系の弁護士事務所選ぶコツ

熱心な弁護士がいる
初期費用がかからない
相談が無料で出来る

依頼するなら、安心の弁護士事務所へ
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ