債務整理の費用について知りたい※女性の借金返済の最善策とは?

借金の返済に困り滞納してしまい、取り立てに悩んでいる方の解決方法に債務整理があります。
債務整理には任意整理、個人再生、自己破産などの手続きがあります。
債務整理を行うと連帯保証人に重大な影響があるので、手続きされる前に十分検討される事が大切です。
個人再生や自己破産では連帯保証人に一括請求が行ってしまいますが、任意整理では債権者を選ぶことが可能です。
もし連帯保証人になって貰った債務があれば、それを外して任意整理することで連帯保証人に一括請求が行ってしまうのを防止できます。
その代わりに任意整理では裁判所を通さずに債権者と任意で交渉を進める関係上、個人再生や自己破産と違って法的な強制力が無いです。
そのため債権者によっては任意整理に応じないことがあります。
債務者ご自身で応じようとしない債権者と交渉しても難しいので、そんなときは借金問題の専門家である弁護士にご依頼されると良いです。
弁護士にご依頼されるとまずは受任通知を債権者に発送し、利息制限法にのっとって引き直し計算を行い債務を確定します。
利息制限法の上限を超える払い過ぎた利息があれば、手元に返還され借金が減額されます。
貸金業者をご利用していた期間が長いほど、取り戻せる金額が多くなることがあり、それだけで借金を完済出来たり、現金が手元に残る事も多いです。
弁護士に任意整理を依頼すると弁護士費用が掛かりますが、1社あたりの着手金は数万円、報酬は減額された分から10%ほどです。

借金を早く解決するために

一人だけで悩むのは、もう十分です!

どれくらい減額できる??
匿名・無料で診断してみる!

⇒無料シミュレーターはこちらから

借金系の弁護士事務所選ぶコツ

熱心な弁護士がいる
初期費用がかからない
相談が無料で出来る

依頼するなら、安心の弁護士事務所へ
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ