任意整理をする流れや不安解消方法が知りたい方はプロへ相談!

任意整理をする流れや不安解消方法が知りたい方はプロへ相談!

借金が膨れ上がって、とても返済ができなくなったときに、債務を大幅に減額する方法の一つに任意整理があります。
任意整理の大まかな流れについて、説明します。
まずは、依頼した弁護士か司法書士から、債権者へ受任通知書を送ります。
この内容は、依頼人の借金整理はその弁護士が受忍したので、今後は、一切、本人には直接取り立てしないように、との内容の文書を郵送するものなのです。
あわせて、今までの取引履歴の開示も請求します。
そして、業者から取引履歴が開示されれば、そこであらためて計算をして、正確な借金の総額を算出します。
もし、その計算結果によって過払い金が発生していたことがわかれば、その債権者に対して過払い金の返還請求を行います。
そこで回収した過払い金は、弁護士費用等を差し引いて、ほかの各債権者への弁済資金などに使われるのです。
次に、和解案を作ります。
和解案では、利息制限法に基づく引き直し計算をして、借金を減額して作成します。
一般的には、36回以上の分割払い、利息や遅延損害金のカットなどを定めます。
このようにして作成した和解案は、各債権者に送られます。
そして、各債権者との交渉に入っていきます。
回債権者に同意されれば、無事、和解が成立します。
同意が得られなければ、再度、和解案を検討し、同意を求めて交渉いたします。
不調に終われば、裁判所の特定調停手続を利用するという手法をとることもあります。
債権者が和解案を受け入れてくれれば、和解契約を締結し、合意書を取り交わします。
そして、返済が始まる、という流れになっています。
これが任意整理における処理の大まかな流れです。

借金を早く解決するために

一人だけで悩むのは、もう十分です!

どれくらい減額できる??
匿名・無料で診断してみる!

⇒無料シミュレーターはこちらから

借金系の弁護士事務所選ぶコツ

熱心な弁護士がいる
初期費用がかからない
相談が無料で出来る

依頼するなら、安心の弁護士事務所へ
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ