任意整理した後の官報への情報※無料相談で解決!

任意整理した後の官報への情報※無料相談で解決!

任意整理とは借金苦のため、生活をすること自体が難しくなってしまった人に対しての救済措置の1つです。任意整理をすると今後の金利がなくなります。また借金の総額と毎月の返済額を減額できますし、一部の借金だけを選んで整理することが可能です。そうする中で過払い金が出てくることもありますので、そういう場合にはいくらかのお金が手元に戻ってくることさえあります。過払い金とは本来なら払う必要がなかったにも関わらず、貸金業者に支払っていたお金のことです。借入期間が5年以上の方で金利が18パーセント以上だった方は過払い金に関してチェックしてみる必要があります。

そして任意整理をしたら官報に名前が載ってしまうのかということを気にする方が少なくありません。官報とは法律や政令等の制定、改正の情報、破産や相続などの裁判内容が掲載される国が発行している新聞のようなものです。官報は国立印刷局が行政機関の休日を除いて毎日発行しています。任意整理の場合はこの官報に名前が載ることはありません。名前が載せられるのは自己破産や民事再生をした場合です。自己破産だと破産手続開始決定の時と免責許可決定の時の2回、民事再生の場合は再生手続開始決定の時、書面による決議に付する旨の決定の時、再生計画認可決定の時と3回名前が載ることになります。しかし一般的に官報を毎日チェックしている方はほとんどいないので、これに関してはそれほど心配する必要はありません。

借金を早く解決するために

一人だけで悩むのは、もう十分です!

どれくらい減額できる??
匿名・無料で診断してみる!

⇒無料シミュレーターはこちらから

借金系の弁護士事務所選ぶコツ

熱心な弁護士がいる
初期費用がかからない
相談が無料で出来る

依頼するなら、安心の弁護士事務所へ
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ