任意整理をするにあたってクレジットカードの不安※体験談もあります

任意整理をするにあたってクレジットカードの不安※体験談もあります

任意整理先にクレジットカード会社を加えた場合、その会社のカードは無効になります。任意整理は元金だけとは言え返済をする債務整理なので、カードはそのまま使えるということにはなりません。
無効になってしまった場合、一番問題になるのは、そのカードで月額サービスなどの料金を払っているという場合です。たとえば、携帯電話の料金をカードで払っているという場合、無効になれば別の支払い方法で料金を払うしかありません。もし、カード払い以外の支払い方法がないという場合は、サービスをやめるしかありません。
では、銀行口座からの振り替えで支払えるという場合はどうでしょうか。一般的に口座振り替えの場合、銀行に登録した印鑑を押して書面で申し込むこみを行うことになります。ここで問題になるのは、引き落としを行うのが信販会社であることが多いということです。信販会社は実際にサービスを提供する会社の代わりに引き落としを行うわけです。信販会社はローンを扱っているので、信用情報機関のデータを見ることが出来ます。任意整理をした人が申し込んで、債務整理をしていることがわかって、口座振り替えを断られる可能性はあるでしょうか。
この可能性はゼロではありません。口座振り替えの申込書を読むと審査を行うと書かれているはずです。なので、他社からの借金を返済していないという理由で落とされる可能性があるのです。ただ、申し込むサービスの料金を支払っていないということでなければ、それほど心配する必要はないでしょう。

借金を早く解決するために

一人だけで悩むのは、もう十分です!

どれくらい減額できる??
匿名・無料で診断してみる!

⇒無料シミュレーターはこちらから

借金系の弁護士事務所選ぶコツ

熱心な弁護士がいる
初期費用がかからない
相談が無料で出来る

依頼するなら、安心の弁護士事務所へ
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ