個人再生と失敗※主婦・OL・女子の借金返済法のポイント

個人再生と失敗※主婦・OL・女子の借金返済法のポイント

個人再生を行った人の多くは、その後の債務の弁済も再生計画通りに終了し、残りの債務の支払いの免除に成功しています。しかし、中には失敗に終わる場合もあります。
個人再生における失敗は、再生手続がうまくいかずに終わる失敗と、再生計画通りの債務の弁済ができない失敗に大別することができます。個人再生の一連の流れにおける最初のポイントは、裁判所から再生手続開始の決定を受けられるかどうかですが、弁護士に事案の処理を依頼しているのであれば、この段階で申立てが棄却されて失敗になる可能性は殆どありません。再生手続がうまくいかずに終わるのは、再生計画が認可されないことが最も大きな原因です。債務者側で完璧に考えられた再生計画を作成して裁判所へ提出しても、多数の債権者から計画の同意が得られなかったり、多くの異議が出たら、裁判所は再生計画を不認可とします。また、再生手続開始から再生計画案の提出までの間に債務者が受ける履行テストの結果が良くなかった場合も、裁判所は再生計画を認可しません。再生計画が認可されなかった場合は、不認可となった原因を解消して再度個人再生手続に臨む方法か、自己破産を行う方法を選択することになります。
また、個人再生手続の終結後は再生計画を誠実に履行しなければなりませんが、中には途中で債務の弁済が滞るケースがあります。この場合、状況によっては債権者から再生計画の不履行を理由に、裁判所に再生計画の取消しの申し立てが行われることがあります。裁判所が再生計画の取消しを決定した場合は債務が再生手続開始時点のものに戻り、債務の状態によっては裁判所が職権で破産手続開始の決定を行います。

借金を早く解決するために

一人だけで悩むのは、もう十分です!

どれくらい減額できる??
匿名・無料で診断してみる!

⇒無料シミュレーターはこちらから

借金系の弁護士事務所選ぶコツ

熱心な弁護士がいる
初期費用がかからない
相談が無料で出来る

依頼するなら、安心の弁護士事務所へ
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ