個人再生と司法書士に依頼するメリット※借金返済法!

個人再生と司法書士に依頼するメリット※借金返済法!

今後の返済を条件に、現在の借金を大幅に減額して貰う債務整理が、個人再生です。
減額された借金を返済し続けていく事が出来る収入があり、家や財産を手放したくない場合に最適な債務整理法です。
実際に個人再生を行う流れは、まず債権者に受任通知を送り、取立てをしない状況を作る事から始まります。
その後、民事再生申立て書類を作り、裁判所に申立てを行い、条件を満たしていれば手続きが始まります。
この際、実際にその人に返済能力があるかなどを判断する為に3ヶ月から6ヶ月程度の期間をとる裁判所も珍しくありません。
その後、面接を行い、今後の再生計画について話し合うという流れになっていきます。
面接といっても、弁護士や司法書士が同席する事になるので、本人はそれ程、話す事はありません。
そして債権額に意義などがなければ、報告書等の書類を提出後、再生計画案を提出し、裁判所が再生計画案を認めると、個人再生の手続きは完了となります。
無理なくしっかりと返済できる再生計画案であれば、ほぼ通る事になりますが、手続き開始から完了まで6ヶ月程度の期間を考えておく事が大切になります。
これが個人再生の手続きの大まかな流れです。
そして、手続き完了後は、再生計画案通りに、返済を始めていく事になります。
ただ、様々な事情で、再生計画通りの返済が難しくなる事もあるでしょう。
そんな場合は、早めに弁護士や司法書士に相談する事が大切です。
返済が難しい状況をそのままにしておくと、減額した借金が元の金額に戻る可能性があるので、早めの対策が必要です。

借金を早く解決するために

一人だけで悩むのは、もう十分です!

どれくらい減額できる??
匿名・無料で診断してみる!

⇒無料シミュレーターはこちらから

借金系の弁護士事務所選ぶコツ

熱心な弁護士がいる
初期費用がかからない
相談が無料で出来る

依頼するなら、安心の弁護士事務所へ
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ