個人再生のスケジュールと流れ※主婦・OL専用相談

個人再生のスケジュールと流れ※主婦・OL専用相談

借金で首が回らなくなり、誰かに助けを求めるのであれば個人再生をおすすめします。持ち家を奪われることなく、そして借金の理由に関係なく行うことができますので、リセットし新しい生活を臨むのであれば債務整理を考えるようにしてください。

借金の返済に行き詰まった時、債務者が特に気になるのは債権者からの連絡と言われています。債権者から借金返済の電話がかかることは精神的に追い詰められ、生きる気力さえも無くすこともあります。まずその借金返済の催促の電話は、すぐに止めることができるのも債務整理のメリットにもなります。

借金返済に困った時に役に立つ個人再生ですが、実際にリセットを行うことができるまでに約1年間かかると言われています。まず個人再生のスケジュールとしては弁護士や司法書士と言った法律家に相談することから始まります。

受任してもらい、必要な書類をかき集め裁判所に申立を行います。この裁判所申立までに約3か月かかります。そこから再生委員と呼ばれる債務者の今後の返済能力等を判断するための面談や履行テストなどが行われます。そして再生計画案が作成され裁判所に提出し、裁判所が認可し、ようやく個人再生は始まることになるのです。

スケジュールとしてはこのようになりますが、やはり申立として完了するまで約1年かかると思っておくとよいでしょう。早い人であれば数ヶ月短縮するくらいという目安になります。段取りが悪ければそれ以上かかることもありますので、依頼する弁護士か司法書士にスケジュールの確認をして進めていくようにしてください。

借金を早く解決するために

一人だけで悩むのは、もう十分です!

どれくらい減額できる??
匿名・無料で診断してみる!

⇒無料シミュレーターはこちらから

借金系の弁護士事務所選ぶコツ

熱心な弁護士がいる
初期費用がかからない
相談が無料で出来る

依頼するなら、安心の弁護士事務所へ
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ