個人再生したら車は?※人には言いにくい女性の借金問題

個人再生したら車は?※人には言いにくい女性の借金問題

悩める多重債務者を救う手段、債務整理方法の中でも特にメリットが多いことで有名な個人再生について、手続き後どのような点で制度制限があるのか詳しく解説しましょう。
改めて利用条件や制度制限をチェックしてみると、個人再生手続き後、驚くほど制限はないことが分かります。抵当権や抵当当権など、住宅ローン以外の担保を自宅に取られていなければ、マイホームを奪われることもありません。
ただし、住宅ローンは継続して支払わなければなりませんが、それは当然のことですよね。
マイカーローンが残っていなければ所有している自動車も手放さずに済みますし、家財道具なども残しておけるので、個人再生を行った後も生活に大きな変化は感じられない筈です。
ただ取立てがストップし、毎月の厳しい支払いから解放され、3~5年の猶予期間の中で分割払いにて返済を終えればOK…と言う債務者にとって魅力的な借金整理方法です。
個人再生を利用する条件も、規定期間内に返済し終える能力があること、と特に借入理由なども問われません。自己破産の場合、ギャンブルや浪費などの理由で借金を重ねた場合、手続きを認められることは難しくなりますが、個人再生なら許される可能性がおおいにあります。
しかも、返済能力に関しても、何も大手企業の正社員であること、なんて条件はつけられません。3~5年以内に全額返済が見込めるのであれば、アルバイトでも問題なく、個人再生手続きを選ぶことができます。

借金を早く解決するために

一人だけで悩むのは、もう十分です!

どれくらい減額できる??
匿名・無料で診断してみる!

⇒無料シミュレーターはこちらから

借金系の弁護士事務所選ぶコツ

熱心な弁護士がいる
初期費用がかからない
相談が無料で出来る

依頼するなら、安心の弁護士事務所へ
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ