個人再生の期間について※女子のための借金返済法を紹介

個人再生の期間について※女子のための借金返済法を紹介

個人再生を利用しようとする人が、養育費を支払っている場合、どのような事になるのだろうと疑問に思う人はいるはずです。基本的に、もしも未払いの養育費がある場合でも、個人再生は利用することが出来ます。
個人再生とは、自己破産と任意整理の中間にあるような債務整理です。裁判所に申し立てをする必要がありますが、自己破産のように借金が全額ゼロになる訳ではありません。減額されて、返済は続いていくことになります。しかし、自己破産のように住宅や自動車などの資産を処分されることはありません。もちろん、信用情報に記載されるため、数年間、借金は出来ないので注意が必要です。
この個人再生を利用した場合、養育費は減額されません。再生手続開始決定の時に、未払になっているものは、弁済期間中に分割払いにして、弁済期間が終了した後、残額を支払うということになります。しかし、養育費は日々発生するものであるため、弁済期間中であっても、新しいものは都度支払うことになるので、注意が必要です。未払の養育費が多額になっている場合、弁済期間中に、他の借金の返済と同時に、未払の養育費の分割払いを行い、新しく発生したものについても支払います。弁済期間終了後は、一括で未払いの分の残額を支払う必要があるので、用意しておくようにしましょう。
このように、未払の養育費があっても個人再生は利用することが出来ますが、減額はされませんので注意するようにしましょう。

借金を早く解決するために

一人だけで悩むのは、もう十分です!

どれくらい減額できる??
匿名・無料で診断してみる!

⇒無料シミュレーターはこちらから

借金系の弁護士事務所選ぶコツ

熱心な弁護士がいる
初期費用がかからない
相談が無料で出来る

依頼するなら、安心の弁護士事務所へ
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ