個人再生と保証人※借金返済法-主婦やOLのための相談所-

さまざまな事情により、借金が膨らんでしまい、個人再生をした場合でも、自分で乗っている車はローンの途中でも問題なく今まで通りに乗ることができます。
個人再生とは、借金などを5分の1まで減らし、その減らした後の残りの分を3年間で返済するという制度です。
なので、車のローンが残っている場合であっても、そのローンも残りの残額の5分の1の支払いをしていくことになり、今まで通り使うことができます。
ただ、個人再生をした場合、次に車のローンを組もうとした際組みにくくなるという欠点があります。
また、保証人が家族でない場合であれば、家族が車だけでなく、クレジットカードの契約をしようとしても問題なくすることができます。
ですが、個人再生をした本人がクレジットカードの新規申し込みや、車のローンを組もうとした場合などには審査に通りにくくなる場合があるので、注意が必要です。
ですが、3年間で一度も遅れることなくすべて完済し終えた後さらに5年経過することにより、個人再生をしたというデータが消えることになるので、また新規ローンやクレジットなどの契約が問題なくできるようになります。
なので、車を新しく買おうと思った際に、問題なくローンを組むことができるようになります。
ですが、注意しなければならいことは個人再生をするには毎月一定の収入があることが条件となるので、その条件を満たしていない場合は、個人再生を受けることができないので、注意が必要です。

借金を早く解決するために

一人だけで悩むのは、もう十分です!

どれくらい減額できる??
匿名・無料で診断してみる!

⇒無料シミュレーターはこちらから

借金系の弁護士事務所選ぶコツ

熱心な弁護士がいる
初期費用がかからない
相談が無料で出来る

依頼するなら、安心の弁護士事務所へ
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ