自己破産と免責について教えて!※借金返済法‐女子専用‐

自己破産と免責について教えて!※借金返済法‐女子専用‐

ここ最近は景気の悪循環がもとで賃金も減少傾向にあるため、バブル期のような好景気の時代と比べて学生への仕送りが少なくなっている昨今。親元からの仕送りでは不十分でアルバイトにいそしんだり、奨学金を得るチャンスもありますが、学業的な理由とは全く別の面で学生が浪費を重ねて首が回らなくなった場合、返済能力がなうことを理由に自己破産できるのでしょうか?
その疑問を解決する前に、金銭的な問題を抱えた場合は、社会人同様、弁護士や司法書士に相談することができます。そもそも自己破産は金銭にかんして問題を抱えた人が取る最後の手段です。卒業後の未来を考えれば、まずは過去に払い過ぎた利息や今後の返済における利息カットを実現し少しでも返済が楽になるよう、もし今までの返済計画では生活に支障をきたすようであれば、任意整理の方向で法律のプロはアドバイスを送ることでしょう。
一般的に借金苦の学生に対して、裁判所が自己破産を認めるケースはあまりありません。その理由として、仮に大手企業に勤めることができなかったとしても、健康であれば労働力として大いに見込める存在ですし、その点においては将来的に安定した収入が見込めます。自己破産は、将来にわたって安定した収入が見込めない人のために、これまでの借入金の返済を免責するというものです。また、学生が金銭的な問題を抱えた場合、裁判所では両親に支払い能力がある場合は、肩代わりすることを進言することも少ないようです。

借金を早く解決するために

一人だけで悩むのは、もう十分です!

どれくらい減額できる??
匿名・無料で診断してみる!

⇒無料シミュレーターはこちらから

借金系の弁護士事務所選ぶコツ

熱心な弁護士がいる
初期費用がかからない
相談が無料で出来る

依頼するなら、安心の弁護士事務所へ
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ