自己破産したら住宅ローンは?※信頼のおける弁護士事務所

自己破産したら住宅ローンは?※信頼のおける弁護士事務所

みなさんがもし自己破産という状態に陥ってしまったならば、その時に持っている借入金の行方はどうなるのでしょうか。
よくあるケースとしては住宅ローンの返済中に職を失ってしまった場合です。退職金などが出ているのであれば、ある程度は返済を続けていけるのでしょうけれども、最終的には返済不能になってしまうことは同じでしょう。
その際には、自己破産の手続きを取ることになりますが、手続き完了後はその住宅ローンの返済義務はなくなります。金融機関にとっては貸し倒れとして計上されるので、望ましいものではありません。また本人にとっても単純に返済義務がなくなるということではなく、家財やお金、もちろんお住まいの住宅もすべて差し押さえられてしまい、それらの売却資金が住宅ローンの返済用としてあてられますので、文字通り無一文の状態になります。ですから、本人にとってももちろん望ましいことではありません。
自己破産はできる限り避けたいものですが、万が一返済不能になってしまったのであれば、弁護士事務所に相談をして所定の手続きを依頼しましょう。ご自身でその手続きを行うのは非常に困難であり、専門知識を持ったプロにお任せするのが一番無難な方法と言えます。
自己破産と住宅ローンの関係は以上のようになりますが、大事なことはその状態になる前にきちんと安定した収入源を持って毎月きちんと返済すること、これ以上のことはないといえるのではないでしょうか。

借金を早く解決するために

一人だけで悩むのは、もう十分です!

どれくらい減額できる??
匿名・無料で診断してみる!

⇒無料シミュレーターはこちらから

借金系の弁護士事務所選ぶコツ

熱心な弁護士がいる
初期費用がかからない
相談が無料で出来る

依頼するなら、安心の弁護士事務所へ
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ