自己破産するにあたっての費用!※借金問題解決いたい方

自己破産するにあたっての費用!※借金問題解決いたい方

自己破産に必要な費用は、方法によって様々です。裁判所によっても異なります。
自己破産の方法は、自分で行う場合と弁護士に依頼する場合と司法書士に依頼する場合で金額が異なります。
自分で行う場合は、予納金約1万円と収入印紙1500円と郵便切手約5000円です。
弁護士に依頼する場合は、実費と着手金に合わせて20万円から50万円掛かります。更に、報酬額として20万円から50万円掛かります。事務所によって金額は変わります。
司法書士に依頼する場合は、実費と報酬額合わせて15万円から30万円掛かります。事務所によって金額は変わります。
また、経済的に困窮している方には法テラスの無料法律相談と、民事法律扶助制度のご利用がお勧めです。
無料法律相談を利用するためには、収入が一定額以下であるなどの条件を満たす必要があります。法律のプロである弁護士と相談できますので、今後の方針を決めやすく失敗し難くなります。
民事法律扶助制度は、裁判費用や弁護士か司法書士の費用を立て替えてくれます。
援助内容は、法律相談援助と裁判費用の立替と弁護士の紹介です。援助を受けるためには、一定の条件を満たす必要があります。
また、立替ですので分割で支払い続ける必要があります。
自己破産するためにも費用が必要です。自己破産して借金の返済義務がなくなっても、その裁判費用や報酬を支払うためにまた借金をするということがないように気を付けることが大切です。

借金を早く解決するために

一人だけで悩むのは、もう十分です!

どれくらい減額できる??
匿名・無料で診断してみる!

⇒無料シミュレーターはこちらから

借金系の弁護士事務所選ぶコツ

熱心な弁護士がいる
初期費用がかからない
相談が無料で出来る

依頼するなら、安心の弁護士事務所へ
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ