自己破産後どうなる?※~女性の方必読!返済方法~

自己破産後どうなる?※~女性の方必読!返済方法~

自己破産とは、裁判所に申し立てをすることで借金をゼロにするものです。借金の取り立てで苦しんでいる人にはとても良い制度なのですが、一方でデメリットもあります。それは、自己破産をすると、数年間は借金が出来なくなるということです。もちろん、住宅ローンも組めなくなってしまいます。自己破産したということが、信用情報に記載されてしまうためです。金融機関はこの信用情報に照会をして調べることで、住宅ローンの審査を行っています。そのため、審査が通らなくなってしまうのです。
もちろん、この信用情報への記載は10年程度経過すれば、削除されます。しかし、それまでに住宅を購入したいと思った場合、住宅ローンを利用出来ないということはとても辛いです。
但し、例外もあります。数年経過している場合、まだ情報は残っていますが、可能である金融機関もありますし、金額などによってもかなり異なってきます。また、自己破産後、住所を何度も変えている場合は、住民票を過去10年間分提出が求められない限り、自己破産したことはわかりません。但し、同じ氏名が記載されてある段階で、過去10年間の住民票の提出を求める金融機関が多いので、結局、融資を受けられない可能性が高いです。
このように、自己破産した場合、10年位内に住宅ローンを組むことはとても難しいです。しかし、金額や状況、収入などによっては異なってきますので、利用できるのかどうか、確認してみるようにしましょう。

借金を早く解決するために

一人だけで悩むのは、もう十分です!

どれくらい減額できる??
匿名・無料で診断してみる!

⇒無料シミュレーターはこちらから

借金系の弁護士事務所選ぶコツ

熱心な弁護士がいる
初期費用がかからない
相談が無料で出来る

依頼するなら、安心の弁護士事務所へ
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ