破産宣告の正しい知識!免責について知っておこう!

破産宣告の正しい知識!免責について知っておこう!

今の日本の経済状況は大変厳しい状況にあります。
消費税増税、物価の高騰、電気代などの値上げなど一般家庭の支出は増える一方です。
更には年金受給金額の減少、医療費の個人負担増加など収入面に置いても、全く増える気配がないので、日々の生活を切り詰める一般家庭は多いでしょう。
今後も更なる消費税の増税や年金支払い年数の延長など厳しい政策が行われ様としています。
そんな中、消費者金融の利用は年々増加傾向にあります。
最近の消費者金融は、パソコンや携帯電話などから簡単に借入ができ、審査に通ると即日借入が出来るのです。
家に居ながら、簡単に申込みでき、借入が出来る手軽さから若い世代から年配の世代まで幅広い年齢の方が消費者金融を利用しています。
消費者金融の利用が多くなる程、自己破産の申立をする方も増加しています。
裁判所に自己破産の申立をすると裁判所では、借金の金額や返済可能かどうか判断します。
大体3~5年かけても返済出来ないと判断されると破産宣告をする事になるのです。
ただし、破産宣告=借金帳消しにはなりません。
破産宣告の後に免責を裁判所に認められて始めて借金返済の責任が無くなるのです。
中には、破産宣告を受けたものの免責が認められずに借金を返済しなくてはならない方もいます。
破産宣告や免責のシステムを悪用する方もいるのです。
最初から返済する意思が無く、多額の借金をする方が居るのです。
こういった悪用を避ける為に破産宣告と免責の判断が分けられているのです。

借金を早く解決するために

一人だけで悩むのは、もう十分です!

どれくらい減額できる??
匿名・無料で診断してみる!

⇒無料シミュレーターはこちらから

借金系の弁護士事務所選ぶコツ

熱心な弁護士がいる
初期費用がかからない
相談が無料で出来る

依頼するなら、安心の弁護士事務所へ
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ