破産宣告考えてる方必読※官報に名前掲載される?

破産宣告考えてる方必読※官報に名前掲載される?

借金を返済できない時の債務整理は、任意整理や自己破産、特定調停などがあります。このうち任意整理や特定調停は、一定の期間内に債務を分割返済するもので、前者は弁護士や司法書士に依頼するもの、後者は自分で申立を行うものです。自己破産は、やはり弁護士や司法書士に頼んで、裁判所に破産宣告を行い、債務を帳消しにしてもらうものです。
返済が苦しく、売却できる車や家財道具がない場合には、破産宣告を行って、自己破産をするのが一番いい方法でしょう。破産宣告を行うと、氏名が官報に記載されるため、それが気になって踏み切れない人もいますが、ふだん官報の破産宣告の欄を読むのは、一部の金融業者に限られており、一般人が目を通すことはあまりありませんので、特に心配は要りません。
ただ、過去に一回破産宣告を行っていて、二回目も可能かというと、それはかなり難しいといえます。そもそも自己破産というのは、そう何回も行うものではありません。やむをえざる理由により行うものですから、二回目の場合、仮に破産宣告はできたとしても、免責が下りない可能性も高くなります。その場合は一回目と違い、返済義務が残るわけですから、何らかの形で返済をしなければならなくなります。ただし、その時点でお金を貸してくれる金融機関があるかどうかは不明です。何よりも、自己破産をするということは、借金依存の生活を改めるという意味もあるのですから、二回目の破産宣告をするということにならないよう、まず自分の生活をしっかり見直すのが大事です。

借金を早く解決するために

一人だけで悩むのは、もう十分です!

どれくらい減額できる??
匿名・無料で診断してみる!

⇒無料シミュレーターはこちらから

借金系の弁護士事務所選ぶコツ

熱心な弁護士がいる
初期費用がかからない
相談が無料で出来る

依頼するなら、安心の弁護士事務所へ
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ