破産宣告デメリットについて※主婦・OL・女子の借金返済ポイント

破産宣告デメリットについて※主婦・OL・女子の借金返済ポイント

破産宣告は、自己破産と混同されることがあります。
しかし、正確には破産宣告と自己破産は違います。
破産宣告は、債権者に対して破産を宣告した状態です。
つまり、まだ自己破産はしていないので、自己破産をしたことによって受けるデメリットは、破産宣告を下地点ではあまり受けないのです。
破産宣告をしただけでは、デメリットとしてよく言われる住宅を手放す必要はありません。
ただし、破産宣告をした後に債務の免責をして自己破産をすると、大きなデメリットが次々と発生します。
所有している住宅などの不動産は手放し、20万円を超える価値がある資産は手放さなければいけません。
現金も99万円を超えた分は手放す必要も、デメリットとしてあります。
さらに自己破産をすると、職業や資格が停止されます。
弁護士や司法書士といった職業だと仕事を離れなければならず、仕事をするために受けている許認可などの資格も停止されますから、働けなくなるデメリットが生まれる可能性もあるのです。
資産を手放し仕事も手放すことになれば、借金がゼロになっても、自己破産後の生活は苦しいと言わざるをえません。
またら、自己破産をして受けるデメリットは、連帯保証人にも及びます。
連帯保証人には債務の支払いが命ぜられますから、信用してくれた人にも迷惑をかけることになるのです。
破産宣告と自己破産は、借金がゼロになる魅力があります。
しかし、恐ろしいデメリットが数多くあるのが現実なのです。

借金を早く解決するために

一人だけで悩むのは、もう十分です!

どれくらい減額できる??
匿名・無料で診断してみる!

⇒無料シミュレーターはこちらから

借金系の弁護士事務所選ぶコツ

熱心な弁護士がいる
初期費用がかからない
相談が無料で出来る

依頼するなら、安心の弁護士事務所へ
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ