カード一括返済のコツ【クレジット・楽天・イオン・エポス等】

カード一括返済のコツ【クレジット・楽天・イオン・エポス等】

カード一括返済のコツ

カード会社や貸金業者などで、2~3週間程度の債務延滞をしていると、やがて支払催促の督促状や内容証明が自宅に届きます。
これらの通知が届けば、債務者は必ず目を通し、もしこの段階で支払える資金があるならば、すぐにでも返済措置を取る事をお勧めします。
督促状や内容証明は強い拘束力は決してありませんが、債権者によっては毎週なり毎月1回は送付してくるので、債務者は然るべき対処・返答をしないと、どんどん厳しい対応に変わっていきます。
特に督促状が来るというのは、債務者は一刻の猶予も許されない状況だと把握し、次に来る請求は一括払いを指定してくると覚悟しておいたほうが良いでしょう。

 

カード一括返済について

もし消費者金融やカード会社から延滞して2ヶ月、銀行ローンの滞納から3~6ヶ月経っている時は(期限の利益喪失)と見なされ、分割払いできる権利をこの時点で失う事になり、全額を一括返済するように指示した請求通知が届きます。
この請求通知をもっても債務者が延滞を継続している時は、債権者側から一方的に損害金のカットや利息20パーセント以下に下げた額で長期の分割弁済を提案してきます。

 

カード一括返済

一見柔軟な対応に見える方法ですが、これは利息制限法の法定利息に則った引きなおし計算により減額された元本額ではないので、結局は適切な債務整理をするのが一番良い解決策になります。
一括返済請求をされても、まだ債務者は弁護士に相談して借金の減額を試みる方法が残されているので、債権者から和解提案があっても安易に受け入れてはいけません。
特に債権者が印鑑証明と公正証書作成嘱託委任状を提示してきたら、必ず拒否し、即座に弁護士に相談して無理なく借金弁済ができる方法を導いてもらいましょう。

借金を早く解決するために

一人だけで悩むのは、もう十分です!

どれくらい減額できる??
匿名・無料で診断してみる!

⇒無料シミュレーターはこちらから

借金系の弁護士事務所選ぶコツ

熱心な弁護士がいる
初期費用がかからない
相談が無料で出来る

依頼するなら、安心の弁護士事務所へ
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ